「偶像崇拝」『クルクルとまるでパズルな場面転換!』(8/14 立ち稽古&音楽合わせ)

舞台「偶像崇拝」を楽しみにしてくださっている
皆さま、こんばんは!

恒例の稽古レポです!

昨日は、やっと最後まで場面転換の動きが決まりました!

 

「えッ?! 何それ?」って思う方も多いでしょうが、

この場面転換、「偶像崇拝」ならではの大変な作業なんです。
この作品、
一つの空間、3つの椅子で
どんどんシーンを変えて行きます。

役者さんの動きやタイミングやセリフで
気が付いたら、
「あらま~」とまったく別の世界になっちゃうんです。

だから、やってる方はあれよあれよと、大忙し!

「あれ? 次どっちにいくんだっけ?」
「俺、ここってタイミング合わせて立つのか?」
「私、この後何の役になるんだ?」

次のシーンを絶えず考えながら、今を演じております。

誰と誰がタイミングを合わせるのか?
立つのか座るのか?
音が先がセリフが先か?
次は未来か、過去か?

これが正解? それは不正解! ってな感じで、

考えながら演じる姿は
一種のパズル競技にさえ、見えてきます。

それに音楽を合わせるピアニストも大変!

 

これから、もっと稽古して面白くしていきますので、
本番では、場面転換も是非、お楽しみに!

チュースキー

 

9月公演「偶像崇拝」の詳細はこちらから…

 

IMG_20160814_203227必死にアルことをしている鈴木さん。「洋」ですね、コレ。

IMG_20160814_2031183人で合わせるとこんな感じになります。

IMG_20160814_203137役者の動きを確認する、堀切さん。音楽を合わせるのも大変です!

IMG_20160814_200926DEWさん、森川さん、鈴木さん、今度は別のシーンの稽古中!これは「和」かな?

IMG_20160814_200313今度は喧嘩してるところ。休むまなく動き続ける3人でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です