「イマノカゲキ2017 制作会議・シナリオ会議」

気が付けば、街はクリスマス商戦の訪れを感じさせる時期になりましたね。

チュースキーです。

 

本日は、下北沢で

来年の9月に公演予定の大作?の、会議でした。

制作会議については、キャストの人数やチケット料金など事務的なことを

シナリオ会議については、大まかなストーリーの方向性や、登場人物の背景についてメンバーで話し合いました。

しかし、なかなか簡単には決まらず、詳細は次回の会議に持ち越しになりました。

 

これから、約一年近くに及ぶ長い航海は、まだまだ始まったばかりです。

 

ちなみに、この写真!

ヴョ―カリスト伊藤和美さんにご紹介いただいた、

超ビックバンド〇〇のベーシスト、Sさん宅に公演の相談で伺った際に、

蓄音機で聞かせていただいたレコード集の一つ。

星野みち子さんの「私は貴方のものなのに」です。

その美声と、当時の録音サウンドが生みなす立体的な空間に

メロメロになりました。

 

そして、平野愛子さんの「港が見える丘」。作詞は東辰三さん。

この曲、歌詞がシンプルなのに、はっきりと情景が目に浮かび

その中にいる登場人物の感情が、手によるようにわかる素晴らい歌詞でした。

わたしも、これ位書けるように、頑張ろう!と己を鼓舞する日々です。

 

 

img_20161105_212555

img_20161105_213414

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です