「イマノカゲキ かぞくのおかね」 関係者顔合わせの会(前編)!

こんばんは、制作の森永です。

先般、5/28の投稿にてイマノカゲキ9月の公演に向けた
出演メンバーが揃った旨をお伝えしました。

そしてこの度11日、出演いただく面々
(若干3名、スケジュールの都合により不参加)と制作陣。
更にはサポートいただく方々、総勢21名!!
音楽監修の伊藤宅に集め、顔合わせと懇親会を兼ねた、
初めての台本の読み合わせを行いました。

最終的な台本が完成したのは、顔合わせのなんと3日前!
素晴らしいキャストさんとの出会いがある度に
脚本担当のチュースキーが新たなインスピレーションを得ては、
少しでも良い作品となる可能性に挑みストーリーを修正していくうち
超ギリギリの完成となってしまいました。

迎えた当日、メンバーが一人また一人と来場。
完成したばかりの台本をお渡していきます。
メンバーが皆揃うまで体を温める事も兼ねて、
伊藤のピアノ伴奏に合わせて発声練習を行います。

歌や発声の得意不得意がある中、
半円の陣形を組んで声を出しているうちに少しずつ
初対面の面々の距離感も縮まり温まっていくのを感じます。
そこから半刻ほどでメンバーが揃い、
各人の自己紹介を挟んで、
ついに初めての読み合わせがスタートです。

やはりお芝居の台本は、役者の声が入って
初めて命が吹き込まれるものなのですね。

キャスティングのたびにナマモノのように変容を遂げ
第8稿で完成したこの台本が、各キャストの人となりに
どんどん帰依、シンクロしていきます。
苦労して妥協のないキャスト集めをした甲斐がありました。
本当に素晴らしい面々が集まって下さいました。

ハッキリ言いましょう!
今作は必ず面白いものになります!!
楽しみにして下さっている皆様のご期待に必ず応える作品になります。
手前味噌は承知の上で、そんな確信を得る事が出来ました。

2時間弱、読み合わせと簡単な感想を述べあった後は
お待ちかね、懇親会の始まりです!!

懇親会の模様は、後編に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です