【2030 REPLAY】初通し稽古は前作超え!

演出のチュースキーです。
11月19日は制作の森永の誕生日でした。

しかし、森永は体調不良でダウン。

現場に来れない森永の分まで頑張ろう、と奮起する、森川と堀切。
今回、やっと初通しが出来ました!
「再演っていうと、前と同じことやるから楽でしょ」と思われる
方も多いかと思いますが、それが全然違うんです。
今回まず会場が違う。なので、動きや空間の作り方を一からやらないといけない。

さらに、ヤナーチェクの曲をより引き立たるために、セリフとのバランスを再考しないといけない。

そして、今回は照明をプロジェクターで対応するという「大冒険」なので
その準備に日々追われている。

そんなこんなで、仕上がりに時間がかかっています。

そんなこんなで不安はありましたが
初の通し稽古では
役者森川、ピアニスト堀切の集中力が高いパフォーマンスで空間を圧倒。

初演の時のクオリティはすでに超えました!

これから数日かけて、さらに高みを目指して作品を仕上げていきます。
どうぞ、ご期待くださいませ!

まだ、お席もありますので、是非この面白さを生で体験してください!

 

 

2030replay詳細はこちらから……

チケットはこちらからご予約いただけます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です