『SideB/「2030」』制作日誌①地方公演ロケハン

こんばんは、演出のチュースキーです。
現在『切手のない手紙』の稽古が続いておりますが、
その合間を縫って『2030』の地方公演のロケハンに行ってきました。

向かった先は、なんと福島市。
何故、福島市なのか?

福島市は私が高校時代を過ごした街でもあり、
今回友人のYから「2030を地方でやるなら、いい場所知ってるよ」と紹介を受けたご縁なんです。

時計を少し戻して2月10日。

朝6時に起床し慌てて家を出て収録スタジオに向かう私。

PlanBさんのラジオ番組「リスタン」にゲスト出演し、放送できない問題発言、爆弾発言を連呼。
カトコーさんや、ゆのっちさんのトークにもまれながら収録終了。

 

それから急いで移動。高速バスに乗り込み、一路福島県へ!

郡山市でバスを下車して、今ブームになっている「凛々亭」のまぜそばを平らげて
在来線で福島市に一直線。

 

これまた福島名物・酪王カフェオレ飲みながら、福島市に到着したのがなんと22時過ぎ。そして、お目当てのお店についたのが22時20分!

我ながら、なんて無理なスケジュールをこなしているんだろう、と関心してしまいました。

 

この福島某所のお店は、グランドピアノがあり、しっかりした客席もあり、雰囲気もいい、なによりオーナーさんがクリエイションに対してとっても理解のある方です。

 

こちらで「レッドアイ」を飲みながら、福島公演についての話で盛り上がります。

ここで、一緒に同行していた森川さん(しばらく発熱でダウンしておりました)と
芝居の動きや動線などの打合せを行いました!

プロジェクターを映しながらステージのサイズを確認

 

そしてやっとホテルに戻ったのが、26時近く。
本当にタイトなスケジュールでした。

 

ちなみに翌日は、BRFメンバーの「スーパーサブ」オヤジにドライバーを頼み、オヤジの愛車で一路、会津若松へ!

少し止めているだけで愛車に雪が積もります!

私、森川、オヤジの3人で、白銀世界の会津若松市をロケハンしました。

「いつか歴史モノ、幕末モノをBRFでやるかもしれない」と知識の吸収です。

 

奇しくも大寒波の日!次々に降り積もる雪は圧巻でした!

 

雪の鶴ヶ城

会津若松「牛乳屋」さんのラーメンとソースカツ丼。牛乳屋さんという名のラーメン屋さん。絶品です!

猫の駅長のいる『芦ノ牧温泉駅』にも少し足を延ばしてみました。

 

蒲生氏郷公や保科正之公、松平容保公に思いを馳せながら、会津の土地を堪能します。

もう語る必要もないと思いますが、その夜は会津の地酒に酔いしれました……

高橋庄作酒造店の酒蔵に行き日本酒「会津娘」を購入。その日の夜にいただきました!美酒!

 

 

そんなこんなで『2030REPLAY』福島公演、年内に実現いたしますので、近県の皆さま是非お楽しみにしてくださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です