『イマノカゲキ/切手のない手紙』稽古日誌⑧ スチール撮影もノリノリ!

こんばんは、演出のチュースキーです。

色々とバタバタしていて、なかなか稽古日誌を更新できずにおりますが、現場では着々と本番に向かって進んでおります。

昼食風景を激写された2人! 思わず「マネージャー通してください!」

 

この日は、後半戦の重要なシーンを作っておりました。森川さん演じるみずきと、伊藤さん演じる、あやめとの絡みの部分。

物語が急転直下するシーンだけに、おふざけはなし。2人とも真剣に取り組んでおります。

尺的には長くないのですが、内容が内容なだけに精神的な疲労の激しいシーンです。

 

今更ですが、そもそも伊藤さんは、元々役者さんではありません。
初演に続いて私が「是非、出演してください!」と再三懇願して出演していただきました。

伊藤さんが持つ、その歌唱力と存在感は他の方では絶対にマネできません。

しかしながら、伊藤さん曰く「全然セリフが覚えられへん!」と困惑気味。

実際にはセリフは覚えてきているのですが、相手役の方とセリフ合わせをすると、自分のセリフがなかなか出なくなってしまうことも……

これは反復しかありません。何度も何度も繰り返し、同じシーンを稽古します。

すると、カメラマンのマイさんが現場入り!
そうなんです、この日はスチール写真撮影。

BRFの前作『2030Replay』でもベストショットを
撮り続けたマイさんに、『切手のない手紙』のスチール撮影をお願いしました!

作品のイメージカットを、構図や雰囲気をマイさんと相談して、撮影していきます。

全幅の信頼を寄せる、我らがカメラマン、マイさん登場! 

 

役者さんたちにポージングを指導するマイさん、真剣です!

 

松永さん、石田さんも「写真は苦手なんですー」といいながら、いいモデルっぷりを発揮!

森川さん、伊藤さんはノリノリで被写体になってます!

マイさんも「森川さん、綺麗ですね」「イブキさん、めっちゃカワイイ!」とノリノリで撮影していきます!

イメージカットの撮影が終わった後は、稽古風景を撮影していただきました。

さすがですね、私が「記録用」としてスマホで撮っているのとは、クオリティが雲泥の差です!

 

せっかくなので、本日はその写真をご披露します!
さあ、『切手のない手紙』の世界観にようこそ!

『切手のない手紙』……それは、ある姉妹のおかしくて、ちょっぴり切ないお話

 

親の店を継ぎながら、執筆活動をする、妹・神崎みずき を演じる森川梢さん

妹の前に突然現れた、自由奔放な姉・神崎かすみ を演じる松永衣吹さん

 

 

酒をこよなく愛する謎の女・あやめ を演じる、伊藤和美さん

グランドピアノが放つ音色で物語に命を与える、ピアニスト・石田麻由子さん

 

実際のバーを貸し切って行われる、臨場感あふれる舞台もみどころです!

今回は、3人の女性にそれぞれ、ソロ曲があります。どれも素晴らしい曲ばかり!

ちょっとした視線、ちょっとしたしぐさが、この物語により深みを持たせます

 

時にはダイナミックな踊りも! アップテンポな曲でノリノリになることも!!

皆さん、千歳烏山でお待ちしております! 是非、生でご覧いただきたいです!

 

 

『切手のない手紙』、おかげさまでチケット完売の公演日もございます!

お席に限りがありますので、お早めにご予約くださいませ!

■『切手のない手紙』 公演詳細はこちらから!

チケットのご予約はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です