『イマノカゲキ/切手のない手紙』稽古日誌⑩ ついに初通し!

こんばんは、演出のチュースキーです!

『切手のない手紙』はありがたいことにお席もかなり埋まってきております。

そして、稽古内容も本番に向けて、かなり埋まってきております。

 

さて、今週水曜日の稽古ですが、こんな感じでした!

 

2/28(水)稽古スケジュール

10:00 集合 会場設営
10:20 発声練習
10:50 姉妹の曲練習(振り込みで)
11:10 3人の曲練習 (振り込みで)
11:30 エンディング曲練習(振り込みで)

11:50 昼休憩

13:00 みずきソロ曲練習(振り込みで)
13:30 かすみソロ曲練習(振り込みで)
14:30 通し準備 小道具準備等
15:00 通し稽古開始
16:30 通し稽古終了 フィードバック
17:00 休憩
17:30 小返し 気になった部分
19:00稽古終了

 

これを見て、「ああ、イマノカゲキだなー」と思った方もいたかと思います。

ちなみにこのタイムスケジュールを見て「やっぱり、イマノカゲキだよねー」と呟いている森川さんや松永さんを何度も見ています。

 

そうなんです。今さらですがイマノカゲキは稽古時間が長い! (今回の稽古も基本ずっとこれ位で行ってきました)

以前池袋演劇祭の受賞パーティーの時にある団体の演出家さんから「ミュージカルって稽古時間がストレートプレイの3倍かかりますよね!」と言われましたが

本当にその通りなんです。

 

芝居やって、歌やって、踊りをやって……これをやると一日があっという間に終わってしまいます。

しかも、稽古中に台本は書き直す、歌詞は替える、メロディーやリズムも変わるとあって

役者さん、演奏者さんたちは、覚えるのも大変なんです。

 

そんなこんなで、「まずはやることを一つづつやっていく」ことを地道に続けてきて、この日やっと通し稽古をすることができました!

この日はピアニストの石田さんが合流できなかったため、芝居のみでの通し。

何度も稽古をしていても、やっぱり初通しは緊張するもの。

 

森川さん、松永さん共に、今作ではなかった独特の緊張感が全身から漂っています。

伊藤さんは、その緊張感からから、リラックスしようと気になったことを話し出したりしています。

 

そして、定刻の時間。

「それでは、「切手のない手紙」一回目の通し稽古を始めます。よろしくお願いします!……はいっ!」(クワハラ)

と、初通し稽古が始まりました! (写真を撮る暇がなかったので、先日の写真をお届けします!)

妹・みずきにいいよる、姉・かすみ のテンポが重要なシーンを演じる2人

謎の女・あやめ、とみずきの掛け合いのシーン! 真剣です

かすみとあやめが楽しく、団らんしているシーン

みずき、姉・かすみに何やら不満げな様子

あやめのソロ曲! 本当にいい曲です。

 

今まで作ってきた部分が、初めて一本化される瞬間。出演していないワタシもとっても緊張する時間です。

私は演出なので、通し稽古をして気づいた部分をメモを取っていくのですが、そのお芝居を見て

ふと閃いたことから、想像が膨らんだりすると演技についていかなくなるので、脳が別のところにいかないように

かぶりつくように芝居を見入ります。

 

それに写真や絵画と違い、舞台は時間軸がある表現手段なので、作品全体を時間軸で捉えた時に、新たな発見が多いんです。

 

森川さん、松永さん、伊藤さんも、通し稽古で掴む全体のリズムや心情の変化などを、初通しで確認しておるようです。

今回の作品は約70分の中編作品なのですが、実際に通し稽古をすると、やっぱりボロボロと多くのことに気づかされます。

 

と、時間は流れて、あっという間に通し稽古終了!

クタクタになった役者さんたちに集まってもらい、今の通し稽古についての意見を共有します。

私の感想としては一回目の通しにしては、いい出来だと思いました。

あとは、これからどれだけクオリティを上げていけるかです。

今回のメンバーなら、もっと高い所に行けると思っていますので、

最後までやりきります!

 

ということで、これからドンドン昇っていく、『切手のない手紙』に是非ご期待ください!

次回はピアニストも交えての通し稽古になります。

こちらもご期待くださいませ!!

 

ちょっと変わった姉妹の物語が『切手のない手紙』です!

 

『切手のない手紙』、おかげさまでチケット完売の公演日もございます!

お席に限りがありますので、お早めにご予約くださいませ!

■『切手のない手紙』 公演詳細はこちらから!

チケットのご予約はこちらから!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です