『イマノカゲキ/かぞくのつもり』稽古日誌⑭「ついに来た、CM大会!」の巻

こんにちは、演出のチュースキーです。

気が付いたら世の中、お盆ですね。

実家に帰省されたり、お墓参りしたりと何かとご家族と顔を合わす時期かと思います。

 

今更ですが今回の「かぞくのつもり」がどんなお話か、あまりしていませんでしたよね。

今日はお盆に因んで、その辺りを先に少し。

 

この作品は、ある男女の結婚式が舞台です。

林亮介さん演じる、新郎の武梨蒼一郎君は名門武梨家の長男。

一方の森川梢さん演じる、新婦の荒波越子さんは、とある事情で家族がいないんです。

でもその事実が言い出せずに時はたってしまい、結婚式当日に。

困った荒波越子さんは「レンタル家族」に結婚式に出席してもらおうと画策する。

 

と、こんなあらすじなんです。どうです、面白そうでしょ!?笑

 

私も片親だったのでわかるんですが、「かぞくがいない」って何気に人に言い出しにくいんですよね。

例えば、子供の頃の父兄参観日とか、運動会とか、そういう「家族ありき」の行事に家族がいないと、とっても肩身の狭い思いをするわけです。

自分には何の非もないんですけどね。

 

さらに、自分の努力で、手に職つけて社会的に独立した立派な社会人になった後でも、結婚を機に「家族を紹介する」となると、これも大変です。

自分のことはいくらでもコントロールできますが、「家族という人間」たちは制御不能です。

いかに自分がこれまで成功したり、まじめに生きていても「変な親族」がいるだけで、自分の印象が下がってしまう訳です。

よく、「結婚は家と家との交際だ」とかいいますが、いまだにそういうところは強くあると思います。

そういう意味で、今話題の小室圭さんは大変だなーと思います。

 

そんな名門家族とレンタル家族の結婚式を舞台にした物語が「かぞくのつもり」なんです。

 

と、前置きが長くなりましたが、ここからはいつもの稽古日誌をお届けします!

 

この日は、物語の終盤戦の動きの小返しから始まりました。

終盤になると全員がステージ上に出てくるので、「どの空間が空いているのか?」が重要になってくるのです。

実は今まで全員が揃ったことのない稽古場のため、「AさんはいるけどBさんはいない。次の日、BさんはいるけどAさんはいない」という常に誰かがいない状態で、立稽古を進めていたんです。

これもひとえに、起点をきかせて何役も対応してくれた役者さんたちの努力があってできていること!

この日も全員が揃うことはありませんでしたが、代役を快く引き受けてくださった出演者の皆さんのおかげで物語の最後のシーンまで進めることが出来ました!

 

 

皿屋さんと森川さんの立ち位置を修正しているところ。林さんの座り位置も合わせて修正。

後がもみ合いになっているところ。手前の人々はカメラ目線でぱふゃりと一枚!

 

今年の暑さは尋常ではなく、役者さんたちの連日の稽古で疲労の影が見え隠れしてきました。

そんな時に嬉しいイマノカゲキの母、伊藤さんのケータリング!

この日はグリーンカレーとサラダ。……実に美味しかった!!

伊藤さんからの差し入れのカレー! 夏に食べるカレーは格別!

しばしの間、疲れをいやします。

稽古中はお昼は食べない山本さん。実は減量中なんです。

休める時に休む、これも出来る人の能力!

こちらペアルック!? ではありません。偶然揃ったそうです。

 

ちょっと長めに休憩をとって、午後からいよいよあれです。

あれとは……そう、池袋演劇祭のCM大会の練習です!

たかがCM大会、されどCM大会。

なんてったって池袋のサンシャインのど真ん中でイマノカゲキを知ってもらうチャンスです!

 

なによりも、イマノカゲキは人様にお見せするものであれば、なんであれ手を抜かないで作り込むスタイルを貫いています。

 

ちなみに昨年のCM大会の様子や映像はこちら!

 

池袋演劇祭CM大会 2017

 

 

今回は劇中歌の中の一曲をCM大会の尺に加工して、私が構成と原稿を作って、振付師の青木さんが振りをつける。

同時に歌を伊藤さんに監修してもらう、という昨年と同じスタイルで作業がはじまりました。

 

昨年は、サンシャイン特別賞をいただいたこの大会。今回もベストを尽くしたい!

その想いでみんなで創っていきます。

頭の立ち位置を決めるところからはじまり、一つずつ、動きを作っていきます。

 

まずは一列に並んで、それぞれの立ち位置を決めていきます。

 

途中、歌ったり、セリフを読んだりと、役者さんにとって目の回る作業量をいっぺんに行います!

前半戦の見どころ。皿屋さんとDEWさんがよく戦っているのは運命なんでしょうか?

それぞれのセリフが尺の中に納まっているかどうかをチェックしています

ダンス隊に編入された赤谷さん。イマノカゲキダンス隊を牽引します!

ダンス隊の五十嵐さんと青木さん、赤谷さん。2分を全力で踊るのは本当に大変です!

 

ダンス隊と合流したコーラス隊の動きを確認する青木さん。ホントに忙しい!

最後のところの練習! みんな満身創痍で稽古してます!

 

途中、ダンス隊と、コーラス隊に分かれるため、それぞれのパートを指導する獅子奮迅の青木さんは、ずっと息切れ状態!

 

やってて思ったんですが、このCM大会の稽古、ホントに大変なです。

2分にすべてを凝縮するため、しゃべり、ダンス、歌がどれもダイジェスト版をお届けすることになり、プレイヤーの体力をガンガン奪っていきます。

 

たった2分を作り上げるのに気が付けば夜。

時間はかかりましたが、とりあえず最後までいきました!

 

……ということでみんなで集合写真。

一つずつ、困難を乗り越えて、絆が深くなっていく「かぞくのつもり」チームでした!

 

そして、稽古終わりにはこれ!

一日の稽古をやりきったあとの一杯は最高!

赤谷さん、青木さん、森川さん、羽目を外して遊んでいる顔です。

こちら、小山さん、松永さん、皿屋さん。前の席の青木さんを真似てます!

オーパーツ発見! まさかこんなところにあるとは…… 太古の声が聞こえてきます。

 

イマノカゲキの、熱ーい夏はまだまだ終わりません! これからドンドン面白くなっていく「かぞくのつもり」どうぞ、ご期待くださいませ!

おまけ。ダンス隊として力の限り頑張った赤谷さんと青木さん。さっきのポーズしてます。

小山さん、皿屋さん、松永さん、林さん。みんなぐったり。

今日の小山さん。タイトルは「いけない逃避行」 ってこれで終わりでいいのか!?

 

「かぞくのつもり」公演詳細はこちらから!

 

稽古日誌はこちらから!

 

チケットのご予約はこちらから!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です