イマノカゲキ『みんなのお葬式』稽古日誌#32

みなさまこんにちは!本日はマツナガが担当です。

本日のメインは何と言っても、初の通し稽古!
ついに物語を初めから最後まで止めずに通してみる稽古を夜に控えております。

その前にまず、数日前に台本を改稿した部分をおさらいする為、そのシーンの出演者はいつもより少し早めの集合でした。

いやー朝は眠いですねー

台本の改稿といってもそれほど内容が大きく変わることはありませんが、
お話がよりよく伝わるよう言葉のニュアンスを変えたり、
筋道を通りやすくする言葉を付け足したりします。

本番まで少しでも良いものにする為とはいえ、
改稿の台本が届くと覚えた会話がどこまで変わってるのかちょっとドキドキしますね!

言葉が変わると動きも変わる

そして通常シーンのお稽古。
ここからは写真をご紹介しながらいってみましょう!

端では驚き、端ではおののき。
幸せそうなカップル(死語)この後に何が…!
なにやら一波乱の予感
お手を拝借。
とても素敵な歌のシーン。天上からも光が…

そして夜、
舞台監督の大島さん、照明の岡田さん、美術の持木さんの見守る中、いよいよ通し稽古のスタートです。

独特の緊張感漂います

ここから先はあまりご紹介することができませんが、
大きな混乱もなく、なんとか最後まで物語を着地させることができました。

この後はバタバタの撤収だった為、いつもの集合写真はナシ!
次に向かって収穫の多い日となりました。

それでは今日はここまで!
本日もお疲れ様でした。

舞台の詳細はこちらから!

チケットのご購入はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です