2020 新年のご挨拶 堀切洋子

明けましておめでとうございます。
ピアノの堀切洋子です。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年は、4月、9月、11月に舞台に出ました。

4月は「レコンキスタ」のピアノ演奏と選曲。

お話も脚本も演出も面白くて、共演した役者さんスタッフさんも素晴らしい方ばかり。

そしてほぼ全曲を私の大好きなバルトークの作品から選んだこともあり、一つ一つのシーンが愛おしく思えるほどでした。

9月は「みんなのお葬式」です。

この舞台でコーラスデビューしました!!

昔習っていたピアノの先生が歌もとてもお上手な先生で、私も歌うの大好きだし歌の上手いピアノ先生になりたい、と思ってボイストレーニングに通い始めましたが、まさかの歌のお仕事?!

嬉しかったです◎


もう1人のコーラス、北林薫さんと。

そして11月は、「ピアノのアトリエvol.12」

ピアノのアトリエは、私が中学生の頃からお世話になっている中村和枝先生のもとで、現代音楽を勉強しているグループです。

1年半に1回くらいのペースで、コンサートをしています。

今回はフランスの作曲者パスカル・デュサパンの作品を2曲弾きました。
デュサパンを弾くのは初めてでした。
2曲ともカッコよくて、鐘のような不思議な響きになる素敵なところもあって、また弾きたいです。

BRFとは関係ありませんが、BRFの作品を観に来て下さった方が聴きに来てくださいました。

3回の舞台、どれも強く記憶に残る舞台でした。改めまして、ご来場下さった皆様、応援するして下さった皆様に感謝申し上げます。

そして今年は、

2月26日にシンガーソングライターの皿屋恵さんのライブでコーラスをさせていただきます。

イマノカゲキの「かぞくのおかね」「かぞくのつもり」にご出演されていた皿屋恵さんです!

彼女の美しく透き通った声と共演出来るのを今からとても楽しみにしています。

そして4月!

イマノカゲキ5周年イベント「イマノカゲキスーパーライブ」に、ボーカルで出演することになりました。

初めてのライブハウス。
お客様の方を向いてパフォーマンスするのも初めて。

不安もありますが、丁寧に丁寧にやって行こうと思います。

こんなに長い文章を書いたのは久しぶりです。
最後までお読み下さってありがとうございました。

2020年もどうぞよろしくお願い致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA