2018年1月25日

2030

 

あなたは あなたであることを証明できますか?
この質問に対してどれだけの方が肯定的な答えを出すことができるのだろう。
本作は「己の存在証明」をテーマにしたSF作品です。
舞台セットのない空間、一台のグランドピアノにピアニスト、そして一人の役者。

作品に深い色どりを与えるのは、激動の時代を生き抜いた、チェコが誇るピアニスト「ヤナーチェク」の楽曲の数々。

哀愁漂いながらも、時に激しい旋律がこの作品に、新たな魂を吹き込みます。
BlackRomanceFilmsが放つ意欲作、「2030」。
これは、未来に対する小さな予言なのかもしれません。

 

稽古日誌はこちらから

 

<作・演出>

クワハラーノ・チュースキー

 

<出演>

森川梢

堀切洋子(ピアノ演奏)

 

<スタッフ>

照明 田和義英

音響 青木淳高

舞台美術・宣伝美術 森川梢

制作 BlackRomanceFilms

 

<日時>

2017年3月25日(土) 19:30~

 

<場所>

両国門天ホール