【イマノカゲキ 稽古日誌】稽古3週目

こんにちは。制作の森永です。
脂ののってきたイマノカゲキの稽古場に、今週からまた2名の仲間が合流です!

一人目は長男 門梨元役の阿部晋一さん。

腹筋ひとつやってもらっても阿部ワールドになります。この感覚、是非来てご覧いただきたい!

そしてもう1人は、謎の銀行員 日比野勉役の林亮介さんです。

純粋にイケメン担当かと思いきや、がっつりムードメーカー担当の林さん。身体の柔らかさをご披露中です!

お2人は既に、春に別のお芝居で共演されており、
そんな経緯もあり息もぴったり。

既にボケとツッコミの領域に到達しつつあるホットな関係でもあり、
見ていて思わず吹き出してしまう掛け合いをして下さいます。

まじめな風に見えますが、近寄ってみると実はキメポーズでふざけております。笑

今回のお芝居は、歌あり踊りありとバラエティ豊かな内容である事は
以前もお伝えした通りですが、
本職シンガーの方、また振りつけもできるダンサーの方もいるという布陣。
つまり本気のクオリティを目指して臨みます。

おのずと目指すところは高度なモノとなり、
本職ではない皆に挑んで頂くハードルも相当高いものとなります。

昨日のダンスレッスンでは、選抜クラスのAチーム、
基礎的なステップから段階的に挑戦するBチームに
分かれての稽古です。

個人レッスンの一コマ。こちらは表情も真剣そのもの。

振付師の青木さんがAチームの難しいダンスに熱を入れている頃、
ふとBチームに目を傾けると、
脚を痛めて休んでいる筈の阿部さんを中心に、
何やら楽しそうにワイワイ踊っております。
暫く目を凝らし耳を傾けてみると、
なんと皆で輪になって 阿部さんの”どんぐりコロコロ”の歌に乗せて
ステップを踏んでいました。

どうすれば分かりやすく、なおかつ楽しく身に着けることが出来るのか、
教え合う姿はとても頼もしく、イマノカゲキの現場らしい
風景だなと感じました。

今日は階段を使っていつもの”おかね”ポーズ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です