【イマノカゲキ 稽古日誌】稽古5週目(後編)

こんにちは。制作の森永です。

土曜日の前編に続き、
今週は日曜日も8人体制。
ですが中身はどんどん密度を上げております。

みっちりと濃密な1日の始まりです。

10:00〜21:00までロスタイム込みのフルスロットルで
稽古は進んでおります。

本日のウォームアップは阿部さんが講師担当。

長男 元役の阿部さん。現場でも皆の頼れるおにいちゃんです。

本人が脚を痛めている事もあり、今回はマインドやメンタルに
訴える内容を展開して頂きました。

自己紹介の訓練〜好きな食べ物に対する想いを1分で伝える訓練。
どちらも数々のお芝居を続けてきた中で、
阿部さん自身の経験から伝えてくれているものなのだなと
思い馳せながら、内容を拝見しておりました。

関東関西様々な劇団で出演経験のあるDEWくんの
初回にやってくれたストレッチをメインとしたアップ。

ダンスのウォーミングアップを基調とした青木さんのストレッチ。

こんなハイテンションなアップもあるものなのだなと
森永的にもほんと感心して見させてもらっていた太陽くんのエアロビクス etc…

この日は8人でパシャリ!!皆稽古を楽しみながら頑張ってくれています。

各々バックボーンが違えば、それぞれ
ウォーミングアップも特徴が違うものですね。

この現場が終わった後に皆さんがこの経験を柔軟に吸収して、
また新たな現場に還元していただければ素敵だなーと、
そのように願っております。

歌劇の歌とダンスはプラモデルを作り上げるように、
少しずつ姿を現しつつあります。
皆怪我をしないよう、それでいて全霊を込めて
自身の表現を創っております。

確か昔、タモリさんが
「オレはミュージカルが苦手だ。なんで突然歌って踊る必要があるんだ!」
的な事を話していました。(タモリさんがミュージカルを苦手とする理由。)

ミュージカルの苦手なあなたも、あの方も。。。

かく言う森永もどちらかと言うと同じように考え、
積極的にミュージカルを観ない人間だったのですが…笑

そんな森永だからこそ言えるのです。
突然歌って踊り出す理由、本作にはそれがあります。

太陽くんと森川さんが躍動。序盤のハイライト的な楽曲の1シーンもちゃくちゃくと完成に近づいております。

表現すべきその想いを、メロディに乗せなければいけない理由。
身体がリズムを刻まずにはいられなくなる、その高揚感。

今、バンドと役者が別々になって必死に創り出してくれている
それぞれの表現がもうすぐ重ります。

CMも合わせ、どんどんリアルな変動をお送りいたしますので
どうぞご期待下さい。

主役の2人のダンスの後ろでは、陽気なバックダンサーズも躍動しております。


ウォーミングアップで見つめあう2人。役どころ的にはなかなか禁断のまなざしです。


チュースキーも、少しでも面白くするため台本の精査に余念がありません。


ナイスな笑顔の早紀ちゃん。


皆、真剣な表情での読み合わせ中。内容は終盤に差し掛かっております。

いつも一生懸命な優くん。打ち上げではチカラの抜けた姿でwinkをやってくれました。笑


あれ?メガネが手元にも。私森永の丸メガネでニッコリV。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です