「偶像崇拝」『演じて、直して、また演じて』(8/26 立稽古&音楽合わせ)

昨日は、会場内での練習。

 

ピアニストの堀切さんは、写真撮影と演奏を担当。

修理を経て、よみがえった会場のピアノ音は格段に良くなりました。

 

そして、前作「かぞくのあじ」の時に、素晴らしいアカリをつけてくれた

照明さんが今作も担当してくれることになり、一気に作品のクオリティがあがりそうです。

 

そして稽古の方ですが、

今日は前半戦のシリアスなところから、コミカルに変わっていくシーンを集中的に行いました。

 

膨大なセリフ量と、

細かい動き、

度重なる場面転換、

コンスタントに入ってくるピアノとのタイミング合わせ等々

 

いつも見ているにも関わらず、

会場で演じる3人の役者を見ていると

この作品は役者さんに対する、負担・要求が並大抵ではないことを痛感します。

それだけ、3人の役者に「見せ場がある」ということもできます。

 

そもそも「3人芝居の金字塔的な作品を目指して」

書いたこの偶像崇拝ですが、

形になりつつある、

実際に演じている役者3人からの「役に対する想い」が伝わってきます。

 

例えば、鈴木洋之さんの場合、役作りのためかなり厳しいダイエットを長く続けてくれて、

結果みる度に体が細くなってます。まさに役者魂です!

 

この役者の熱量や想いが多くのお客さんに届けばいいな、と思っております。

 

「偶像崇拝」

どんどん、面白くなっておりますので、ゴキタイクダサイ!

 

9月公演「偶像崇拝」の詳細はこちらから…

 

S__24322064色を偶像崇拝テイストにしてみました。鈴木ヒロさんと森川さん。

S__24322063少しシリアスな場面の演技をする森川さん。

S__24322061何度もセリフを確認する鈴木さん。ホンにはたくさんの書き込みが・・・

S__24322060そしてDEWさんも! 前半戦の手ごわい長セリフの攻略中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です