『イマノカゲキ/切手のない手紙』稽古日誌⑨ ライブメンバー集合!

こんばんは、演出のチュースキーです。

いよいよ来週に迫った「切手のない手紙」ですが、稽古の方もいよいよ大詰めです。

今回は、先週日曜日の稽古の模様をお届けします。

この日は、本番に向けて調律師さんがピアノをメンテナンス!

朝早くから対応してくださった調律師さんにも感謝です!

調律後のピアノを弾いた人々は口をそろえて「弾きやすーい!」と感動。
今まで弾きにくいピアノで頑張ってくれた、ピアニスト石田さんの凄さに気づかされました瞬間でした。

そして、立稽古の方もいよいよ大詰め。ついにラストのシーンと歌まで進み
やっと全編に手を付けました!

しかし、この作品のラストは何度見ても胸に訴えるものがあります。
自分で創っていてなんですが、最後に残るこの余韻は、いい作品の証拠だと思います。

ここまでを振り返ると、再演だからスイスイ進むかと思った稽古でしたが、蓋を開けたら
、台本のリライト、前回よりも大いに増えた劇中歌の練習、結局入れた振り付け、バーテンダーの所作等々やることが盛り沢山。

それでもこの時期になんとか最後まで行けたのは、森川さん、松永さん、伊藤さん、石田さんの陰の努力の賜物だと思いました。

 

稽古も最後まで行けた感動も冷めやらぬ、チームの元に、ある男性が合流。

そうです、お芝居の後のライブにスペシャルゲストで参加してくださる、ギタリストの間宮工さんです!

間宮さんはご存知の方も多いかと思いますが、音楽業界の第一線でご活躍されている、ギタリスト。

今回伊藤さんのライブに、「特別出演」で合流してくださいました!

 

実はBRFで制作した『2030』の開演前に流していた音楽も間宮さんが作曲されたものなんです。(「Atlantis」というアルバムより)

 

ヴォーカル伊藤和美さん、ギター間宮工さん、ピアノ石田麻由子さんで
ライブリハーサルが開始!

この3人で合わせるのは、この日が初めて!

間宮さんの時に繊細で、時に豪快なギターが鳴り響きます!

石田さんにアレンジの相談をする間宮さん

みんなで決めたことを譜面に書き込む石田さん

 

役者から歌手へとモードを切り替える伊藤さん

時に厳しく、時に和やかな、リハーサル風景

 

 

伊藤さんの感情揺さぶる声、間宮さんの景色が立体的に感じる弦の響き、石田さんの正確なメロディーが合わさって、会場には贅沢な時間が流れます。

途中、何度もアレンジを変える間宮さんのディレクション能力は、「凄いなー」と感心させられてばかりです。

その演奏を聴いている、森川さん、松永さんは幸せ顔でウットリ!

3人のプレイを堪能する松永さん、森川さん

 

3人の演奏を堪能している2人お芝居だけでなく、ミニライブの方もとってもいいものになりそうですので
どうぞお楽しみに!

この日も最後は、これでおしまい!

疲れをいやす、このひと時!

 

 

『切手のない手紙』、おかげさまでチケット完売の公演日もございます!

お席に限りがありますので、お早めにご予約くださいませ!

■『切手のない手紙』 公演詳細はこちらから!

チケットのご予約はこちらから!

姉妹共々、ご来場お待ちしておりまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です