『イマノカゲキ/かぞくのつもり』稽古日誌⑧ ハモれっ!

こんばんは。演出のチュースキーです。

この稽古日誌も、8回目ですね。おそらく全体の1/6位は稽古が終わりました。

稽古場はすでにヒートアップしております!

そんな7月後半戦のイマノカゲキ「かぞくのつもり」の稽古の様子をお届けします!

この日は、ボイストレーナの伊藤さんと、北林さんの2人体制で、じっくりと歌稽古を行いました!

今回、歌が初めての方もいるので、基本的な発声について、伊藤さんから指導が入ります。

私もイマノカゲキを3年やっているので、よく分かるのですが「歌は短期間でうまくならない」んです。

カラオケレベル(といったら失礼ですが)の歌ならいざ知らず、ステージの上で、お客さんの心に届く歌を歌えるように

なるには、本当に気の遠くなる地道でたゆまぬ稽古が必要です。

今回のイマノカゲキは先行して5月からボイトレをはじめています。

その理由は、全体的な歌唱力アップもそうですが、今までの作品ではあまり行わなかった「混声」に取り組んでいるからなんです。

ということで、この日は個人個人の役者さんをじっくりと指導して、確実に基礎力を高める稽古を行いました。

 

始まりました! ボイトレ!

伊藤さん、北林さんのダブルコーチ体制でこの日は稽古です!

一人一人の発声を確認していきます

口の空き方について指導を受ける久保田さん

活舌について指導を受ける林さん

鏡を見ながらの練習中?の森川さんと赤谷さん。奥は岡さんです。

またしても足を故障している阿部さん。歌には影響なさそう。

佐藤さん、五十嵐さん、まだ余裕があります。

森川さん、小山さん、赤谷さん、岡さんの女性チーム。音を確認中。

何度も何度も繰り返します。

音が取れているかどうかを確認しているDEWさん

昨年よりもうまくなった、と現場からは声が漏れます。

坂井さん、岡さん、小山さん、久保田さん。笑っているのは何故でしょう?

たぶん、これではないと思います……

休憩中の一コマ!

今はまだ、基礎力、土台つくりをしている時期。何をするにも時間がかかるのですが、これから稽古が進んでいくと

こういう時間がとれなくなるので、今のうちにしっかりやっていきます!

 

その後、振り付けも加えたオープニングソングの練習! ダンス選抜の皆さんは踊りながら

歌を歌うという過酷な作業! しかし、みんなで歌う歌はボリューム感が凄い!

ここから始まるOP曲です。

OP曲のダンス。まだまだ発展途上ですが、いい成長曲線に乗っています! センター佐藤さん

赤谷さん、坂井さん、佐藤さん、五十嵐さん。前列で歌って踊ります!

いろんなポージングがあります! 後ろではコーラス隊がうたっています。

何度も繰り返し歌うOP曲。それだけ大事なんです!

歌とダンスが徐々にあってきました!

おまけ。人間クリーナー①

回って利用します。

 

その後、ある劇中歌を歌うチームは引き続き、歌練習です! この曲は物語終盤で歌われるのですが

とってもきれいなメロディー、切ない歌詞で、思わず聞く人の心を揺さぶるような、いい曲です!

思わず練習にも力が入ります。

そうぜい7人で歌うバラード!

ソロパートがある佐藤さん。

 

この曲を歌わない役者さんたちは部屋を移動して、台本チェック!

その裏では、改稿された台本を黙々と読んでいます。

真剣に台本を読みこむ役者さんたち。

それからお昼休憩をはさんで稽古後半戦もやること目白押し!

この日は伊藤さんと、北林さんからの差し入れ、タンドリーチキンカレー!

休憩中にもダンスの振りを確認する佐々木さん、林さん、佐藤さん。

このダンスカッコいいです!

立稽古が始まりました!

「今日の小山さん」はノーマルでした。

 

台本を離して序盤のシーンを練習。センターは久保田さん。

美術の持木さんが合流。セットのデザインをどの方向で進めるか、立稽古を見て考えます。

出番のない役者さんも、台本で自分のセリフを確認しています

さらに改稿になった後半部分の読み合せ! 大幅に修正になった物語を読んでいきます!

時には笑いが、時には涙が出てくる、そんな読み合せでした!

 

ということで、この日の稽古も終了しました!

稽古最後のつもりポーズ! 皆さん、お疲れ様でした!!

 

ということで、ドンドン稽古が進んでいる「かぞくのつもり」!

チケットも販売開始になりましたので、是非皆さまご予約お願いします!

チケットのご予約はこちらから!

公演詳細はこちらから!

次の稽古日誌もどうぞ、お楽しみに!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です