【2030 REPLAY】 立ち稽古&ピアノ合わせ

秋晴れが気持ちいい11月11日。
巷では「ポッキーの日」らしいですが
我々BRFメンバーも、極細ポッキーやイチゴポッキーを食べながら
室内にこもって長時間の稽古に没頭しておりました。
今回は2回目の公演となる『2030 REPLAY』

初演と比べて大きな変化の一つは、
ヤナーチェクの曲がかなり多くついたところ。
細かい部分に時に長く、時に短い曲がついたことで
作品により深い味わいが増しています。
選曲した堀切曰く「追加した曲はいい曲が多い」とのこと。
また、再演とのことで、堀切の既存の楽曲に対するクオリティが
著しくあがっております。
一方で、役者の森川は、新たについた音楽にセリフを合わせるべく
奮闘中です。

役者が一人しかいないので、大所帯の芝居と比べて
稽古時間がすべて自分の稽古になるという
精神的にも肉体的にもなかなか大変な状態になっております。
今日は最後に前半戦を通したのですが、前作よりも面白さが上がっているな
と、しみじみ思いました。

自信をもっておススメできる、『2030 REPLAY』
是非、生で体験してください!

そして、明日は振付師の青木愛さんと合流して
ダンスの振り渡し。

どんな振りがつくのか、今から楽しみです!

 

パントマイムを粘って練習する森川さん

台本にピアノのタイミングを書き込む堀切さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です